トップへ戻る

カテゴリー「かおるせんせいの風便り | ピアノのひろば|秦野市渋沢のピアノ音楽教室 - Part 20」の記事一覧

かおるせんせいの風便り

松田山の河津桜、満開!

KIMG0339

 

KIMG0340

 

KIMG0345

 

とても良いお天気に恵まれた今日、松田山に行ってきました。

83才になった母とふたり、新松田の駅から歩いて登りました。

高齢になっても健脚の母、いつまでも元気でいてほしいものです。

 

20年ほど前は何もなかったところですが、松田町が町おこしのため、早咲きの桜を植えました。

今はこんなに大きく立派になりました。

本当の盛りは過ぎたようですが、風もなく、見事な姿を見せてくれています。

めずらしい白い河津桜も1本だけ、見ることができました。

桜の下には、菜の花がたくさんあって、こちらもきれいです。

桜のピンク色と、菜の花の黄色のコントラストも、また、いいですねぇ♪

遠くには富士山も見えて、たぶん最高のピューポイントと思われるところには、脚立が置いてあり、写真撮影のために行列ができていました。

 

「おやまのポッポ電車」というまたいで乗る乗り物に、電車大好きだった我が子を連れた来ていた頃を思い出しました。

土曜・日曜限定のポッポ電車には、小田急ロマンスカーもあり、並んで何回も乗ったこともありました。

 

 

 

 

風便りNo.29

かおるせんせいの風便りNo.29

2016年2月16日作成

 

昨日、「耳を開く~~」という見出しの勉強会に行ってきました。

ピアノ弾きでもあり、作曲家でもあるK先生の絶妙なトークに引き込まれ、アッと言う間の2時間でした。

K先生は、ピアノメソッドも出していて、私も1部の生徒さんに使わせていただいています。

K先生も私も、入門書として「バイエル」しかなかった頃ピアノを始めた世代。

今や、何十種類もの入門書があり、いろいろな国の作曲家や教育者のものを日本版に翻訳したものも多いですが、日本人の作曲家や教育者が書いたものもいろいろ出ています。

これからの生徒さんの可能性や、日本語の特徴などを考えると、日本人には日本人が作った入門書でピアノを始める必要があると考えます。

昨日は、メソッドの勉強会ではなく、どちらかというとソルフェージュや聴音のことがメイン。

音大受験のころに、とても苦労した聴音です。

しかし、この「耳を開く」ことをやっていけば、自然に自分に沁みてきて、自然体で音楽をやっていける生徒さんを育てることができる、と確信が持てました。

 

かおるせんせいからの伝言板

♪お休みについて♪

 3/15(火)・17(木)・23(水)・25(金)・28(月)・31(木)   

♪でんえん幼稚園の生徒さんへ♪

 3/24(木)と4/4(月)は、すべての生徒さんのレッスンを予定したいと思います。

 お時間は、個別にご相談させていただきます。

 

かおるせんせいからのお願い

 お休みや振り替えのご連絡をいただく時、事前に分かっている場合はなるべく早めにご連絡いたければ、助かります。当日の体調不良以外は、極力前日までにご連絡ください。

よろしくお願いいたします。                                                                                                        

かおるせんせいのおすすめ図書

 「岸部のヤービ」 梨木香歩著 福音館書店

 小学中学年より大人まで楽しんで読めると思います。

 お貸しいたします、お申し出ください。

 

 

いただいたお花が、きれいにです。

KIMG0328

知りあいから、1ヶ月ほど前にいただいたお花がまだきれいなまま、心を和ませてくれています。

 

風便りNo.28

かおるせんせいの風便りNo.28

2016年1月20日作成

 

新しい年になりました。本年もよろしくお願いいたします。

 

昨年12月の発表会に出演された生徒さん、保護者の皆様、お疲れ様でした。

初めて利用したホールでしたが、良いピアノに触れることができて、得るものも多かったことと思います。

ご自宅で、ピアノで練習している生徒さんは、やはりいい音で演奏できたと思います。

「弾きやすかった」「連打のところが指がスッと入ってうまくいった」などの感想もありました。

残念ながら、電子ピアノで練習している生徒さんは、あまりいい音が出せず、また、タッチや響きに関する意見も持てなかったようです。

これを機会に、可能な限り、ピアノへのお買い替えをお願いいたします。

 

かおるせんせいからの伝言板

♪お休みについて♪

 1/28(木)・2/9(火)・24(水)・29(月)

 

かおるせんせいのつぶやき

 昨年を振り返ると、いろいろなことがありました。

 1番良かったことは、尊敬している先生に初めてほめていただいたことです。グリーグに触れることができて、自分の世界を広げることができたように思います。

 

 1番ショックだったことは、「自殺する」と言った生徒さんがいたことです。

 確か、新学期が始まって、テレビなどの報道で耳にすることが多かったため、軽い気持ちで

 言った1言だと考えられます。

 愛されている子なのに、どうしてそのようなことを言うのでしょうか?

 女の人は、命がけで命を産み出し、育てます。数は少なくなりなしたが、お産で命を落とす母親もいます。産後、原因不明の体調不全で苦しんでいる母親もいます。

 バーチャルの世界では、死んでも、リセットすれば何回でもやり直せますが、生身の身体はリセットできません。

 学校教育でも音楽や美術などの教科の時間数が削減され、心のゆとりが狭くなっているように感じます。心が貧しくなっているようです。 

 音楽に親しみ、感じる心を養い、力強く生きていける子供を育てていきたいと思います。

ヤビツ峠からの眺めは、すばらしい!!

KIMG0317

まるで春のような陽気になった今日、ヤビツ峠までドライブしてきました。

母の親友のお墓まいりの帰りに、まっすぐ帰るのももったいないような気がして、久しぶりにヤビツ峠まで行きました。

バイクで走っている人も多くいましたが、それ以上に、自転車をこいで登っている人が多かったのにビックリしました。

くねくねと曲がりくねった細い坂道を上がり、展望の良い場所にある駐車場に車をとめました。

「秦野はいいところ、都心には少し遠いけど、住むのには本当にいいところ。」

いつも、ここに来ると、そう思います。

ヤビツ峠の夜景は、とってもすばらしいのです。

次は、夜に来たいなぁ~

 

 

  • トップページ
  • 教室案内
  • 講師プロフィール
  • 発表会の様子
  • 生徒の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

【渋沢教室】
〒259-1312
神奈川県秦野市春日町7-8

 

 

通常留守電となっておりますが、お名前、連絡先などメッセージを残していただければ、手が空き次第必ずご連絡させていただきます。

かおるせんせいの風便り