トップへ戻る

カテゴリー「教室からのお知らせ」の記事一覧

教室からのお知らせ

「5分でいいんだよ!」

お母さんが、「5分でいいんだよ!」って。

先々週のレッスンの時、小学3年生になったT君が言ったことです。

「5分だけでいい。そのかわり、毎日やるんだよ♪」と。

 

「練習しなさい!」

「練習したの!!」

「なんで練習しないの!!!」

怖い顔で言われると、逆にやりたくなくなるものです。

 

毎日、ごはんを食べるように、お風呂に入るように、顔を洗うように・・・・・

歯を磨くように、テレビを見るように、ゲームをやるように(?)・・・・・

毎日の当たり前に、ピアノ練習もできたら、なんと素晴らしいことでしょう♪

 

読書

いつの頃だっただろうか?

「本を読みなさい。本は裏切らないから。

人間は裏切るけど、本は裏切らないから。」と母が言った。

「面白そうだと思って読み始めた本が、面白くなかったときは、途中でやめてもいい。

気に入った本は、何度読んでもいい。」と。

おそらく誰かの受け売りだろう。

 

最近、残りの人生のことを考えるようになった。

人生100年と言われるようになったが、人の寿命はわからない。

身体がどんな状態になっても、読書ならできる。

もし、眼が不自由になったら、音楽を聴こう。

眼も耳も不自由になった、どうしよう?

 

いつどうなってもいいように、いっぱい本を読みたい。

封を切ってないCDもたくさんある。

まだまだ音楽もしていきたい。

一日一日を大切に、本と音楽に溢れた生活を送りたい。

「納得できないから、もう一回」

普段のレッスンでは、概ね80%出来ていれば、合格としています。

シールを貼ったり、はなまるを書いたりして、合格としています。

もちろん、個人差を加味しての判断となります。

 

この2~3週間で、「納得できないから、もう一回やってくる。」と行った生徒さんが2人いました。

発表会やコンクール・グレードテストなどでは、100%を目指します。

が、普段のレッスンでは、進度の考慮も必要と考えます。

 

「納得できないからもう一回!」と言った生徒さんの一人は、

以前から、「この曲は、発表会のつもりで、練習する!!」と。

 

シールももらうことばかりに一生懸命になっている生徒さんもいます。

が、自分なりに自分の考えを言えるようになった生徒さんに、成長を感じます。

 

 

二つの土鍋

我が家のごはんは、土鍋で炊きます。

母の実家がコメ農家で、おいしいお米を送ってくれます。

ガスで炊いた土鍋ご飯は、とってもおいしいです。

 

母が主で台所仕事をしていたころに買った、ごはん専用の土鍋は、あちこち欠けています。

おそらく何代目かになるはずです。

 

私が主に台所をするようになってから、その欠けた土鍋で美味しく炊けなくなりました。

そこで、同じ新しいものを求め、今は新しい土鍋で白米を楽しんでいます。

そして、欠けた以前からの土鍋で、炊き込みご飯を炊きますが、おいしくできます。

 

新旧共に、これからも大切に使っていきたいと思います。

古い物と新しいの物、それぞれの持ち味を生かしていこうと思います。

風だよりNo.91

かおるせんせいの風だよりNo.91

2021年5月15日作成

 

最近は、同じ作曲家の、同じタイトルの楽譜が、多数の出版社から出版されています。

その解説は、それぞれ違う解説者が書いていることが多いようです。

同じ曲でも、曲名が違う場合も多くあります。

 

たとえば、ブルクミュラーの「貴婦人の乗馬」。

「乗馬」だったり、「お嬢様の乗馬」だったり。

時代背景や作曲者のねらいのようなものを考えて、なるべく忠実にそれを再現しようとする場合を考えてみたいと思います。

単に、「乗馬」だと誰の乗馬だかわかりません。

貴婦人とお嬢様も同じでしょうか?

 

また、ペダル記号も、全くついていないものもありますし、多すぎるものもあります。

 

ピアノレッスンの低年齢化が進んでいる今、その生徒さんに相応しい楽譜を選ぶということは、

とっても大切なことと考えます。

 

かおるせんせいの伝言板

♪6月のお休みについて♪

 6/1(火)・26(土)・28(月)

 

新規生徒さん募集

春の新規生徒さんを、募集いたします。

若干名の募集です。

幼児さんから、大人の方まで、歓迎です。

初心者も、大歓迎です。

体験レッスン、いたします。

お友達のご紹介をお願いいたします。

 

しぶさわ教室   月・火・水・金・土

 

 

  • トップページ
  • 教室案内
  • 講師プロフィール
  • 発表会の様子
  • 生徒の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

【渋沢教室】
〒259-1312
神奈川県秦野市春日町7-8

 

 

通常留守電となっておりますが、お名前、連絡先などメッセージを残していただければ、手が空き次第必ずご連絡させていただきます。

かおるせんせいの風便り