トップへ戻る

カテゴリー「教室からのお知らせ」の記事一覧

かおるせんせいの風便り

風だよりNo.88

かおるせんせいの風便りNo.88

2021年2月17日

「春は名のみの風の寒さや~♪」

梅、桃、河津さくら、ちらほら咲いています。

見ごろな木にも出会うことが、ある今日この頃です。

本格的な春が待ち遠しいです。

 

かおるせんせいの伝言板

♪3月のおやすみについて♪

 3/8(月)・17(水)・23(火)25(金)・29(月)

 

かおるせんせいからのお願い

「親のできることは、ほんのわずかなことばかり。」

「木の上に立って見ると書くのが、親」

「育てたように子は育つ」

等々・・・・・

子育てについて言われていることが、たくさんありますね。

とはいえ、一人一人の生徒さんの成長の道筋は、それぞれです。

「人間は環境の動物だ」ともいわれます。

より良い環境作りにご協力お願いいたします。

環境整備は、唯一、親にしかできないことかもしれません。

よりよい練習環境、よりよい言葉がけ、よりよい眼差し、等々。

きりがないかもしれませんが、愛情のある対応をお願いいたします。

個性豊かな生徒さん、ひとりひとり、自分だけの花を咲かせることができるように、

日々、取り組んでまいります。

 

また、なにかありましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

発表会についてのアンケート

 発表会について、アンケートのご協力をお願いいたします。

 無記名といたしますので、正直なご意見をお願いいたします。

 

使わなくなったグランドピアノ

駅前で、久しぶりに、Sさんに会いました。

 

Sさんは、生徒さんのお母さまです。

一人娘だったSさんのおこさん、Rちゃんは、30歳で逝ってしまいました。

3歳のお子さんを残して。

子煩悩だったRちゃんのお父様は、アップライトピアノからグランドピアノに買いかえました。

Rちゃんは、マイペースにグレードテストを受け続けていました。

発表会では、俄然やる気を見せ、難しいものに取り組んでいました。

今生きていれば、、かなりピアノが上手になっていたことでしょう。

 

Rちゃんがいなくなってから、いろいろ大変な時期もあったS家。

それまで行ったり来たりしていたお孫さんを、小学5年生の時引き取りました。

この春、大学を卒業し、就職したお孫さんと、賑やかに楽しく暮しているようです。

 

そして、74歳になるSさん(お父様)は、頼まれて、またお仕事をしているとのこと。

それも、所長というポジションで、週に5日。

すごい!

 

「グランドピアノは、どうしましたか?」と聞いたところ

「中学校にもらってもらいました。」とのこと。

「市も予算があって、運送費は家でもって、調律は市にもってもらいました。」とも。

今も地元の中学にあるのでしょうか?

 

 

 

「西村大臣風にしてみた。」

最近、いろいろなマスクがあるようです。

ある日、いかにも手作り風なマスクをしてきた生徒さんがいました。

大きさも形も、ピッタリ。ガーゼ(?)を縫い合わせて、漏れないように工夫してあります。

「お母さんの手作り?」と聞くと、

「西村大臣風にしてみた、とお母さんがいっていたよ。」と。

 

その後も、その生徒さんはいろいろなマスクをしてきます。

そのどれもが、わが子を思う愛情がうかがえます。

すばらしいですね♪

お箏のコンサート

おそらく人生で初めて、お箏の演奏会を、聴きに行ってきました。

日本古来のお箏のイメージを持って、聴き始めました。

が、予想と大きく違う演奏に、驚きました。

とくに、バッハとチック・コリアをお箏で聴くことがあるとは、全くの想定外で、とっても面白かったです。

若い世代の演奏家の、新しい試みに感心しました。

 

20代前半に、ほんの少しばかり、お琴をかじったことがあります。

楽器も持っていましたが、去年春に、ステレオやレコードなどとともに、処分してしまいました。

 

サラッと、楽器や曲の説明をし、演奏に集中している姿も好ましく感じました。

これからが楽しみです。また機会があったら是非聴きたいと思います。

 

 

 

一通のお手紙

2~3日前に、お手紙が届きました。

昨年閉じた、でんえん幼稚園教室の生徒さんとお母さまからのものです。

 

まだレッスンを始めたばかりだった生徒さんです。

泣き虫だったHちゃん、元気にピアノレッスンに通っているようです。

そのお手紙によると、いいペースで進んでいるようです。

「あ~、良かった!♪」とつくづく思いました。

 

22~3年通った園の文庫室が、目に浮かびます。

いろいろな生徒さんとの、様々な思い出も蘇ります。

 

閉室のお知らせを見た一人のお父様から、すぐにお電話をいただいたりもしました。

メールも、いくつかいただきました。

 

10数名の生徒さん、「その後、どうしてるかしら?」、といつも思っていました。

1名、ご家族のご協力のもと、しぶさわ教室まで通ってきてくれています。

今日も、元気にレッスンに来ました。

本人はどう思っているのか、深いところはわかりませんが、今日もいい時間が持てたと思っております。

 

でんえん幼稚園教室の閉室については、迷いもあり、とても辛く、身を割かれる苦しみがありました。

しかし、それぞれの生徒さんが、自分らしく歩んでいけてるようです。

やっぱり、これで良かったと確信しました。

 

でんえん幼稚園教室では、たくさんの経験をいただきました。

これからに、生かしていきたいと思います。

そして、もっともっと音楽好きな生徒さんと、かけがえのない時間、想い、希望や勇気を共有したいと願います。

 

 

 

 

 

 

 

  • トップページ
  • 教室案内
  • 講師プロフィール
  • 発表会の様子
  • 生徒の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

【渋沢教室】
〒259-1312
神奈川県秦野市春日町7-8

 

 

通常留守電となっておりますが、お名前、連絡先などメッセージを残していただければ、手が空き次第必ずご連絡させていただきます。

かおるせんせいの風便り