トップへ戻る

カテゴリー「教室からのお知らせ | ピアノのひろば|秦野市渋沢のピアノ音楽教室 - Part 4」の記事一覧

教室からのお知らせ

素敵な週末になりましたよ♪ 

昨日はお休みをいただき、牛田智大さんのピアノリサイタルを聴きに行きました。

満員御礼の紙がポスターの上に貼られ、人気が高いのを物語っているようでした。

以前から是非聴いてみたいと思っていました。

やっと、その願いが叶いました。

 

一言、「素晴らしい!!」

オール、ショパンのプログラム。

多彩な音の使い分け、しっかりしたテクニック。

とりわけ、ペダル?

いや、音響、残響、余韻、なんといえばいいかわかりません。

器のことも考えての演奏だと思います。

後ろの席のお客さんにも、きちんと届くピアノの響き。

 

感動のあまり、涙をこらえながら聴いたアンコール。

「葬送行進曲」の後の、トーク。

やっぱり、生と死、平和への祈りでした。

トークの後は、ショパン以外の曲、2曲で締めくくられました。

まだまだとても若いのに、魂の深さのようなものを見せられたような時間でした。

 

当日朝、レッスンお休みの確認を、メールで送ることにしています。

「素敵な週末をお過ごしくださいませ。」との返信がありました。

Tさん、本当に素敵な週末になりましたよ。

ありがとうございます♪

 

 

 

富士山と梅

パソコン教室に行く途中、富士山が真正面に大きく見えるところがあります。

空気の澄んだ冬の朝、雪化粧の富士山がクッキリ。

大好きな道です。

 

帰りは、梅がちらほら、見えるところを通ります。

ぼちぼち、春になるかしら♪

松田山も少しピンクになってきています。

菜の花の黄色に、河津桜。

今年は、歩いてのぼろうかな~~♪

風だよりNo.100

かおるせんせいの風だよりNo.100

2022年2月18日作成

 

100回目の風だよりです。

生徒の皆さん、保護者の皆さま、いつも読んでいただき、ありがとうございます。

これからも、コンスタントにやっていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします♪

 

2年ほど前の3月だったと思います、古いオーディオセットを処分したのは。

その時、ピアノ学習用の楽譜とレコードのセットも一緒に引き取ってもらいました。

レコードに後悔の念はありません。が、楽譜は残しておくべきだったと後から思うことが、

しばしばありました。

そんな折、新品の楽譜のセットをいただきました。

片づけをしていて、おもわぬところから出てきたもののようです。

ゴミになってしまうものなので、役立ててほしいとのことでした。

ありがとうございます。

これも、何かのご縁のなせるところでしょうか。

遠慮なく使わせてもらいます。

 

かおるせんせいの伝言板

♪3月のお休みについて♪

 3/5(土)・23(水)・25(金)

 

かおるせんせいからの確認

振替レッスンについての確認です。

入学の折に、お話させていただいておりますが、忘れることもあると思います。

今一度、ご確認をお願いいたします。

 

体調の悪いときは、振替いたしません。

無理をしてぶり返したりして、良いことはありません。

治ってからがんばっても、遅くありません。

また、レッスンを忘れていた場合は、論外です。

 

行事や旅行など、前もってわかっている場合は、振替いたします。

遠慮なく、お申し出ください。

 

 

 

 

 

 

大人の生徒さん

このところ、続けて、大人の生徒さんの入学がありました。

おそらく、年齢も様々。

家族構成も様々。

ですが、3名とも、ピアノレッスンの経験があります。

 

ひとりひとり、目標や目的は違うように思います。

が、ピアノに対する思いは、似ているように感じています。

ひとりひとりとの限られた時間を大切に、有意義なものにしたいと思います。

「音楽は、音を楽しむもの。」

ひとりひとりの良き伴走者(伴奏者)になれるように、努めていきたいと、思います。

 

 

 

「遊びのつもりで、やってみて♪」

この4月、小学校に入学するRちゃん。

とっても、とっても元気のいい女の子です。

レッスンを始めて、ぼちぼち半年になります。

 

ピアノを弾けるようになりたい気持ちはあるようですが、なかなかレッスンに集中できません。

恥ずかしい気持ちやら、甘えやら、わがままやら・・・・・?

ソファの陰に隠れてみたり、わざと間違えてみたり・・・・・

 

つい最近、あこがれの白い電子ピアノを買ってもらいました。

おそらく、その時なのでしょう、「あのね~、パパとママに、遊びのつもりでやってみて、て言われたの。」と。

さすが、お子さんのことを一番よくわかっているご両親。

この言葉、効き目があったようですね。

 

そういえば、思い出しました。

「仕事が遊び、遊びが仕事」と、ピアノ教師を始めたばかりの頃、恩師に言われたことを。

おそらく、「遊びのように、仕事を楽しみなさい。」という意味だったように記憶しています。

 

Rちゃん、楽しみながら、ゆっくりゆっくり、やっていこうね♪

 

  • トップページ
  • 教室案内
  • 講師プロフィール
  • 発表会の様子
  • 生徒の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

【渋沢教室】
〒259-1312
神奈川県秦野市春日町7-8

 

 

通常留守電となっておりますが、お名前、連絡先などメッセージを残していただければ、手が空き次第必ずご連絡させていただきます。

かおるせんせいの風便り